2022年の髪色はブルーグレー!特徴やケア方法を解説

2022年は春・夏ともに、髪色のトレンドは「透明感」がキーワードです。

そのなかでも、注目なのがブルーグレー!

派手すぎないのに、垢抜け感がピカイチのヘアカラーです。

そこで今回は、ブルーグレーの髪色について解説していきます。

「おすすめポイントを知りたい!」「色落ちはどうなの?」など、ブルーグレーが気になる方は参考にしてください

最後には、理想の髪色にキープするアイテムをご紹介しています。

一緒にチェックしておきましょう!

目次

ブルーグレーってどんな髪色?

ブルーグレーってどんな髪色?

ブルーグレーは、名前のとおり青色の色素が入ったグレーヘアーを指します。

似ている髪色としてブルーアッシュが挙げられますが、ブルーグレーのほうがグレーの色味が強く、ブルーはほんのり入っているような印象です。

また、ブルーアッシュよりも透明感が高いのも特徴で、髪の毛の傷みが気になる方にもおすすめのカラーリングといえます。

落ち着いたニュアンスカラーがきれいなヘアカラーです。

色落ちしてもきれいな魔法のカラー

ブルーグレーは色落ちしても赤みが出にくく、暗髪からアッシュヘアーへの移り変わりが楽しめます

染めてから1週間ほどの髪色は暗い印象で、ブルーの色味は「言われてみれば入っているかも…」といった程度です。

色落ちを楽しみに待つ時期でしょう。

1週間を過ぎたあたりから、ブルー感が出てきて透明感のある髪色に変化していきます。

ブルーが抜けるのはどうしても早いですが、染めてから1ヶ月半ほどはアッシュ感が残り、ニュアンスカラーは健在です。

「赤みが出てくるのが嫌だ」「アッシュも嫌いじゃない」という方は髪色の変化も楽しめますよ!

ブルーグレーにブリーチは必須?

ブルーグレーにブリーチは必須?

暗髪の印象が強いブルーグレーですが、ブリーチの有無も気になるところではないでしょうか。

ブリーチをすることでブルー・グレーの割合も自由に決められ、発色もきれいです。

暗いトーンからの色落ちを楽しみたい方も、ブリーチをしてからのカラーリングがおすすめ。

とはいっても、ブリーチなしのブルーグレーヘアーも透明感が際立つ髪色になります。

黒髪よりも垢抜けた印象があり、動きがあるスタイルです。

髪の赤みもないため、落ち着いたフェミニンな印象を与えられるでしょう。

流行りのカラーをポイントに!

流行りのカラーをポイントに!

ブリーチをすることで色の入りが良いブルーグレーですが、「あまりブリーチをしたくない」「みんなと同じは嫌だ!」という方は、ポイントカラーを取り入れてみましょう。

毛先だけブリーチをしたブルーグレーの「グラデーション」はカラー初心者にもおすすめです。

トーンは極端に変えず、緩やかなグラデーションをすることで落ち着きを残したまま、まわりと差をつけます。

カラー上級者は、グラデーションを極端にしたスタイルである「裾カラー」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

トップは暗髪グレーで、毛先はパッと目を引くブルーが強めのグレー配色は誰とも被らないでしょう。

また、ブルーグレーに対して「ハイライト」を入れることで、より外国人風の髪になります。

髪表面の立体感を活かした、カールヘアーを取り入れてみてくださいね。

ブルーグレーの色落ち対策はKGにおまかせ!

ブルーグレーの色落ち対策はKGにおまかせ!

色落ちも楽しめるのが魅力のブルーグレーですが、「ブルー感を長続きさせたい!」「透明感を保ちたい!」という方は、ホームケアで理想的な髪色をキープしましょう。

KYOGOKUでは、抜けやすい色を補修する「KYOGOKU カラーシャンプー」(以下、KGカラーシャンプー)とカラートリートメントのような使い心地の「KYOGOKU カラーセラム」(以下、KGカラーセラム)を用意しています。

どちらも色味を補修してくれるアイテムです。

以下で詳しくご紹介していきます。

KYOGOKU カラーシャンプーの特徴

KYOGOKU カラーシャンプーの特徴

まずは、KGカラーシャンプーを紹介していきます。

特徴は以下のとおりです。

  • 着色を追求した「ミニマリズム処方」
  • くすみを消す「ダブルファインテイント処方」

求める色に着色するには、不要なものを一切使用しない配合が必要と考え、水にも気を使う「ミニマリズム処方」を取り入れました。

水は、医療分野でも認められている「パイロジェンフリー超純水」を使用し、不純物を取り除いています。

また、2種類の染料を混ぜることでくすみのない透明感を実現可能にしました。

ブルーグレーには「KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプー」を使用しましょう。

黄ばみを打ち消す効果が高く、グレーやアッシュの色味をキープしてくれますよ。

KYOGOKU カラーシャンプーの使い方

KGカラーシャンプーは以下のとおりです。

  1. 髪をクシでとかし、根本からよく濡らす
  2. KGカラーシャンプーを手にとって塗布
  3. 泡立てて髪全体になじませる
  4. 1〜2分放置して洗い流す

KGカラーシャンプーは、カラーケアのほかにコンディショナー・トリートメントとしての機能もあります。

しかし、指どおりが気になる方はカラーシャンプー後に保湿ケアを行ってください。

また、毎日の放置時間は1〜2分で十分ですが、長ければ長いほど濃くなります。

しっかり色を入れたい方は、10〜15分ほどの放置がおすすめです。

ただし、15分を超えると髪や頭皮のダメージの原因となるので注意しましょう。

毎日1分のケアで、くすみのない透明感カラーをキープしてみませんか?

KYOGOKU カラーセラムの特徴

KYOGOKU カラーセラムの特徴

ブルーグレーにおすすめの商品は「KYOGOKU カラーセラム ファンシービビッドブルー」です。

鮮やかなブルーの色味を追加して、きれいなブルーグレーをキープしましょう。

KGカラーセラムの主な特徴は以下のとおりです。

  • 色が濃く、持ちが良い
  • 色素残留しない
  • 保湿力が高い

KGカラーセラムはカラーシャンプーやカラートリートメントよりも色が濃く、色の持ちが長いのが特徴です。

また、浸透率も高いため使う頻度は1〜3週間に1度で良いという点もうれしいポイントです。

そのうえ、カラーチェンジへの足かせになる色素残留もしません。

一般的なカラートリートメントは、色素残留しやすいため使用をためらいますが、KGカラーセラムは安心して使用できますよ。

色素成分だけでなく、「バオバブ種子油」を配合することで保湿性に優れたカラーセラムが完成しました。

「バオバブ種子油」は、保湿力だけでなく抗酸化作用の効果も期待できます。

KYOGOKU カラーセラムの使い方

KGカラーセラムの使い方は以下のとおりです。

  1. シャンプー後タオルドライをしてカラーセラムを塗布
  2. 10〜15分放置
  3. シャワーで余分な色素を流して完了

シンプルでかんたんです。

洗い流す際は、シャンプーやトリートメントの必要もありません。

いつも使用しているシャンプーにカラーセラムを追加すると、より気軽に使えますよ。

しかし、手指に色素が付かないように、ゴム手袋をしてから髪全体に塗布しましょう。

また、乾いた髪にも使えますが、濡れた髪のほうがカラーセラムが伸びやすく塗りやすいため、シャンプー後の使用がおすすめです。

1〜3週間に1度のケアできれいなブルーグレーを保ちましょう!

ブルーグレーで落ち着き×透明感のある髪色に!

今回は、ブルーグレーの髪色についてご紹介してきました。

暗髪でも透明感と垢抜け感が得られる髪色です。

暗めグレーからブルーグレー、アッシュへと移り変わる色落ちも楽しめますよ。

黄ばみをなくして透明感をそのままキープしたい方は「KYOGOKU BPカラーシャンプー」を、ブルーの色味をキープしたい方は「KYOGOKU カラーセラム」を使って理想的な髪色を長持ちさせましょう!

KYOGOKU公式LINE@」に登録すると、期間限定のクーポンやプレゼント企画などのお得な情報が届きます!

よりお得に購入したい方は、ぜひ登録してみてくださいね。

この記事を書いた人

髪があまり傷まない縮毛矯正を追求探求し『綺麗になれない』と諦めている女性を救うことを最重要にしている。また、イメージチェンジやショートカット技術に定評があり、Instagramなどで実際のお客様ビフォーアフターを投稿している。リアルな投稿を見て来店するご新規のお客様たちが後を絶たない。

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる