リアル50代ヘアスタイル自分をどう表現する?

20~30代の頃は流行を追っていたりした方も多いと思いますが、50代の女性ならば「自分らしさ」や「上品さ」、または「自分に似合っているかどうか」という点を重視されるのではないでしょうか?

今回は、50代の女性が自分に似合う上品なヘアスタイルが見つかる、リアルなヘアスタイル提案を行っていきます。

そろそろヘアスタイルを変えてみたいという方や、今までやってきたヘアスタイルが自分に合っていたのかどうかが分からないという方は参考にしてみてくださいね。

目次

50代髪型 ぽっちゃりウルフカット

50代髪型 ぽっちゃりウルフカット

50代の、とくにぽっちゃりさんがウルフカットをしたい場合、キレイに仕上げるポイントは大きく2点。

①顔まわりにも少しレイヤーを入れる

ウルフヘアとは、裾は長めに残してレイヤーをしっかりと入れたスタイルなので、顔まわりにもレイヤーを入れることでフェイスラインを自然にカバーすることが出来ます。

②襟足を長くし過ぎない

ショートウルフなどの場合、襟足をかなり長めに残すスタイルもあります。

ただ、ぽっちゃりさんの場合は襟足が軽く見えて、ヘアスタイルの上部が重たく見えてしまいます。

顔が大きく見えてしまったりもしますので、レイヤーの高さはほどほどにしておきましょう。

これらのポイントに気を付けることで、上品かつフェイスラインをカバーできるヘアスタイルに仕上げることが可能になります。

50代 髪型 ぽっちゃりベリーショート

50代 髪型 ぽっちゃりベリーショート

50代以降の方や、ぽっちゃりさんにとってハードルの高いヘアスタイルがベリーショートです。

顔まわりをカバーしにくかったりするので避けがちですが、ポイントをおさえれば似合わせることは可能です。

まず襟足はすっきりとくびれが出来ることを意識しましょう。

また髪の毛全体も動きが出るように、重たくなり過ぎないように注意しましょう。

ブローでの仕上げでも構いませんが、少し技術が必要になってきますので、オススメはパーマをかけてしまう事です。

全体に動きを出すことと、トップに自然なボリュームを与えることでシルエットがよりきれいになって、小顔に見せることが出来るようになってきます。

50代 くせ毛パサパサ髪型

50代 くせ毛パサパサ髪型

50代で年々くせ毛がひどくなってきたという方は多いのではないでしょうか?

それは、髪の毛の栄養となる中身が加齢とともにスカスカになってしまっていることが原因です。

そのため、うねりとともに髪のツヤも失われ、パサパサな質感になってしまいます。

そういった状態を放置してしまうと、せっかくヘアスタイルを変えてもきれいに見せるどころか、老けて見えてしまいます。

髪の毛に栄養を入れるトリートメントを定期的に美容室で行ったり、ツヤが出るようにヘアオイルなどでの日々のケアが重要になってきます。

髪の毛の中にしっかりと栄養を入れたい場合は、KYOGOKUケラチンブースト+が非常に有効です。

髪の毛の内部の栄養となるケラチンを、人毛から特殊な製法で抽出しています。

この栄養を補給することでしっかりとした髪の毛に生まれ変わっていきます。

50代 髪型ミディアムレイヤー

50代 髪型ミディアムレイヤー

50代でミディアムレイヤースタイルにしたい場合、気を付けて欲しいポイントは「髪色」と「重さ」です。

ミディアムヘアーの場合、ある程度レイヤーが入っていても、髪色が暗いと重たく見えがちです。

50代だと白髪染めをしている方がほとんどだとは思いますが、無難な暗い色を選んでいると、印象まで暗くなってしまいます。

少し明るめの白髪染めに変更するか、白髪の割合が多い方は、ハイライトなどの技術を利用して立体感や動きをプラスしてみましょう!

また髪の毛の重さも重要です。

もちろん髪の毛が重すぎる状態は、野暮ったくなり老けて見えてしまう原因となりますが、毛先が軽すぎるのもあまりよくありません。

毛先が軽すぎると、パサパサに見えやすく傷んで見えてしまいやすいので、髪の毛がキレイに見えなくなってしまいます。

軽くする=すきバサミでたくさん切るではなく、スタイリングやパーマなどで髪の毛に動きを付けることで軽さを出すようにしていきましょう。

50代ショートボブ前髪あり

50代ショートボブ前髪あり

50代のショートボブスタイルで前髪を作りたい場合は、毛流れに注意しましょう。

ぱっつん前髪は子供っぽい印象があり、童顔のタイプの方でない限りは、50代の女性がしてしまうと違和感が出てしまう場合が多いです。

前髪を作る場合は、最近流行りの薄すめの前髪は避けましょう。

バブル時代に流行った薄め前髪をずっとやっているように勘違いされる可能性があるのと、髪の毛のボリュームが加齢によって落ちている印象を与えてしまう可能性があります。

おすすめは少し分けることもできる程度の量感で、若干のレイヤーを入れた前髪です。

上品な印象を与えることができるのと、扱いが非常に簡単なので50代といわず前髪で迷った方は1度試してほしいスタイルです。

50代前下がりショートボブ

50代前下がりショートボブ

50代からの前下がりショートボブは、上品な印象を与えてくれるとてもかっこいいヘアスタイルです。

この場合に気を付けたいのはツヤ感とボリューム感です。

毛先が軽くなりすぎないように、ある程度の重さを残しましょう。

スカスカすぎるとせっかくの前下がりのカットラインがぼけてしまい、スタイルが崩れてしまいます。

前下がりのショートボブは、面をキレイに見せることが出来る反面、パサパサの髪の毛では逆に汚く見えてしまいます。

この2つのポイントをしっかり押さえてあげると、きれいなヘアスタイルを作ることが出来るようになります!

50代髪型 ショート丸顔

50代髪型 ショート丸顔

丸顔が気になっている方の場合、年代に関わらず言えることは直線的なラインを作る事と、ひし形のシルエットを意識することです。

曲線的な印象を与える丸顔さんには、先ほど解説した前下がりボブのカットラインのような直線的なラインを入れることで、丸顔をカバーすることが出来ます。

また、ひし形のシルエットに近づける事で角を作るイメージで丸のシルエットを無くしていく事が出来ます。

無理に輪郭を隠そうと暗い印象になってしまうので、こういった方法で丸顔を補正していく事で明るい印象のままきれいなシルエットを作ることが出来ます。

50代 ウルフカットショート

50代 ウルフカットショート

ショートのウルフスタイルを作る場合は、レイヤーが高めに入るため毛量の調節に注意しましょう。

髪色を明るめにしている方はセニングを入れすぎずに、暗めの髪色の方はある程度毛量を減らすようにしましょう。

明るい髪の毛で、さらに毛量を減らしすぎると髪の毛が薄く見えてしまう危険性があります。

ヘアカラーの色味とのバランスを見ながら、調整していくようにしましょう。

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる