ブリーチなしアッシュグレー ジュ【保存版】はじめてなら是非見て欲しい

様々なヘアカラーの種類の中でも、特に人気が高いのがアッシュ系のヘアカラーです。

その中でも、人気が高まってきているのがアッシュグレーという色味です。

アッシュグレーとは寒色系の青っぽい色味のアッシュと、無彩色のグレーを掛け合わせた色味で、柔らかな質感や透明感を引き出すことが可能なカラーです。

その質感から外国人風カラーの色味として良く採用されるアッシュグレーですが、よく質問されるのが「ブリーチなしでもできますか?」という内容です。

結論から言うと、できないことはありません。

しかし、ブリーチをしてからのダブルカラーのアッシュグレーと、ブリーチなしのアッシュグレーではもちろん違いがいくつか出てきます。

今回は、ブリーチなしのアッシュグレージュのメリットデメリットと、できる仕上がりの違いについて、しっかりと解説していきます!

目次

アッシュグレー ブリーチなし色落ち

アッシュグレー ブリーチなし色落ち

アッシュグレーは、赤みを無くすほどに濁りのない色味を出していくことが出来ます。

そのため、ブリーチなしでヘアカラー剤のトーンアップする力のみで髪の毛の赤みを削っていかなければなりませんが、それだけではしっかりと赤みを抜ききることはできません。

赤みが残る=ブラウンが残っていくので、きれいなアッシュグレーというよりは、アッシュブラウンに近い色味に仕上がります。

デメリットとしてはブラウンがどうしても強く残ってしまうので、アッシュグレーが持つ透明感や柔らかさが十分に引き出せないという点です。

しかしブリーチを使わないため、髪の毛にかかる負担はかなり軽減できるのがメリットと言えます。

また、髪の毛には元々のブラウンが残っているので、褪色によってアッシュの色味が抜けてもナチュラルなブラウンに近づきます。

そのため、退色による色の変化の差が大きく出ないので、ヘアカラーのメンテナンスはとても楽だといえます。

アッシュグレーの仕上がりのクオリティーよりも、髪の毛への負担やメンテナンスの楽さを優先される方は、ブリーチなしのアッシュグレーが向いていると言えるでしょう。

アッシュグレー色落ちブリーチあり

ブリーチなしのアッシュグレーと、ブリーチをしてからのダブルカラーでアッシュグレーを入れる場合の大きな違いはやはり出せる色味です。

アッシュグレーは、とにかく赤みやブラウンを無くしていけばいくほど、きれいな色が入るようになります。

アッシュグレー色落ちブリーチあり

画像のような透明感のあるグレーを表現しようと思うと、1回のブリーチでは難しく、赤みが無くなるまで数回のブリーチが必要になります。

そのため、美容師のブリーチスキルによって大きく仕上がりに違いが出て来るのが、ダブルカラーの特徴です。

キレイにトーンアップが出来て、赤みやブラウンが無くなったベースにアッシュグレーを入れることが出来れば、このようなツヤ感まで引き出すこともできるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

だだベースの色をかなり明るくしているので、ヘアカラーの褪色が進んでしまうと、予想以上に褪色が目立ってしまうなんてこともあります。

キレイな色味の維持には、毎日のヘアケアに加えてカラーシャンプーなどで色味の補充を行う必要があります。

まとめると、髪の毛の負担は増えてしまうことと、ヘアケアをしっかり行うことを許容できれば、ブリーチをしてからのアッシュグレーをした方がきれいな色味を再現できます。

アッシュブリーチなし明るめ

これまでの結果から、アッシュグレーを透明感と柔らかさを出して染めるにはブリーチをしてからのダブルカラーが必要だということが分かりました。

ただ、どうしても全体のブリーチをしたくないけど、透明感や柔らかさも出したいという場合は、表面にハイライトをいてれからアッシュグレーのヘアカラーをしましょう。

髪の毛の表面付近にのみ限定して、ハイライトでブリーチを行う場所を最小限にしながら、全体の見え方を調整していきます。

アッシュブリーチなし明るめ

ダブルカラーとまではいきませんが、ある程度の明るさや透明感をプラスすることが出来ます。

ただこれ以上に透明感や柔らかさが必要な場合は、やはりダブルカラーで染める方が現実的です。

ブリーチに抵抗感がある方は多いかと思いますが、例えば京極サロンでは高品質のブリーチ剤を自社で開発しています。

1回のブリーチ施術でしっかりとトーンアップさせながら、髪の毛のダメージも最小限に留めるように作られています。

ダブルカラーをした後の、ヘアケア方法までをしっかりとフォローさせていただきますので、安心してチャレンジしてみてくださいね!

グレーアッシュ市販の口コミ

グレーアッシュは人気の高いヘアカラーなので、最近では市販のカラー剤も発売されているようです。

しかし、これまでの解説からもわかる通り、グレーアッシュに染めるにはかなり高い技術力が要求されます。

そこで、実際のところ、市販品で染めた方はどんな仕上がりになているのかをTwitterで調べてみました。

そこで見つけた投稿がこちら↓

このツイート以外にも、アッシュ系のヘアカラーで失敗したという投稿がたくさんアップされていました。

やはり髪の毛のベースがブリーチされていなかったり、ベースの色に合わせて薬剤の調合が出来ないと、ほとんどの場合失敗してしまうということが言えるでしょう。

実際に、京極サロンでも毎月たくさんの方がセルフカラーで失敗した状態で直してほしいとご来店されます。

失敗してしまった髪色を直すには、さらに高度な技術力が必要になってきます。

お金と時間が2重に掛かってしまう上に、直せる美容師さんを探すのもまた大変な作業になります。

キレイなヘアカラーを手に入れるためにも、特にアッシュグレーなどの技術が必要なヘアカラーは、セルフカラーで行なわないようにしましょう!

もしすでに失敗してしまったという方は、京極サロンでならしっかりと直させて頂きますので、ご相談くださいね!

ブリーチなしアッシュグレー ジュまとめ

アッシュグレーは透明感や柔らかさが出るとてもきれいなヘアカラーですが、染め方によっては十分にそのキレイさを発揮できない場合があります。

希望のアッシュグレイに出来るかどうか不安な方は、一度京極サロンへ相談して見て下さいね!

京極サロンの公式LINEからメッセージで相談が可能ですので、お気軽にご相談をお待ち致しております!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる