ブレイズ似合う顔立ちは?簡単なやり方を美容師が教えます!

ヘアセットの1つにブレイズヘアーというものがあるのはご存知でしょうか?

よくコーンロウやドレッドヘアなどと混同されるブレイズヘアーですが、詳しく知らないという方も多いはず。

今回はまだまだ知られていないブレイズについての、よくある質問に対して答えていきます。

ブレイズヘアに興味があった方はぜひとも参考にしてみてくださいね!

目次

ブレイズヘアとは?

ブレイズヘアとは?茶色の岩の上に座っている黒とオレンジのドレスの女性

ブレイズとは、髪の毛を分けた束を、三つ編みや四つ編みなどで細かく編んでいくヘアスタイルです。

ヒップホップ系やB系のファッションによく好んで取り入れられるヘアスタイルです。

ブレイズのアレンジの幅はたくさんあり、エクステを入れて編んだりする方法などもあります。

ブレイズヘア英語

ブレイズという英語は、日本語に直訳すると「編む」という意味です。

その文字通り髪の毛を細かく取り分けて編んでいくのですが、エクステを混ぜて行ったりほぐれにくくするために、編み方も四つ編みという方法が主流です。

この編み方はよくある三つ編みとは比べ物にならないくらい難易度が高いので、美容室で施術してもらう際も2人がかりで行う場合が多いです。

ブレイズ ドレッド違い

ブレイズヘアとよく混同されるのがドレッドヘアです。

ブレイズヘアは髪の毛の束を編み込んでいくのに対して、ドレッドヘアは頭皮に編み込みを施していくヘアスタイルです。

編み込んでいった後の毛先はそのまま三つ編みにしたりする場合が多いので、ぱっと見た印象が似ているため、ブレイズヘアとよく混同されますが別のヘアスタイルです。

ベースをドレッドで仕上げたのちに、毛先にエクステを編み込んでブレイズにするといった組み合わせるスタイルも人気があります。

ブレイズ 似合う顔

ブレイズ 似合う顔

ブレイズを検討しているお客様から質問される内容で特に多いのが、「ブレイズが似合う顔じゃないかもしれない」という内容です。

ブレイズが似合うかどうかは顔のつくりがどうという事ではなく、ブレイズヘアーが似合うファッションの方向性や音楽の趣味などが大きく関わってくるように思います。

どれだけ正統派の美男美女でも、普段はカジュアルなヘアスタイルやファッションをされている方が、髪型だけブレイズだと似合わないですよね?

ブレイズヘアが取り入れられるヒップホップやブラックミュージックなどの文化が好きな方なら、どんな顔立ちでも統一感があり似合います。

きっとブレイズにしようかどうか迷っている方は、そういったヒップホップ文化が好きだったり、ストリート系のダンスをしている方が多いのではないでしょうか?

そうであれば、顔立ちなどは気にせずに好きな髪型をするのが1番だと思いますので、悩まずに実践してみましょう!

ブレイズヘア女性

女性のブレイズヘアは、顔まわりを全部出すのに抵抗がある方が多いため、前髪を残してそのほかの部分をブレイズヘアにするパターンが人気です。

また髪の毛の長さがある場合は、エクステを編み込んで行ったりするとかなりの重量になってしまいます。

そんな場合は1つの束を太めにして、編む本数を減らしたスタイルにする場もあります。

華やかな印象を出すために、色の入ったエクステを使用して編んでいくのが一般的です。

ショートブレイズ 女性

ショートヘアの場合でも、髪の毛の長さが10センチ以上あれば編み込んでいくい事は可能です。

その際はエクステを使用するとより安定しますし、さらにベースの髪の毛が直毛の場合はパーマをかけておくとよりブレイズヘアがキレイに仕上がります。

ブレイズヘア男性

女性と同様、10センチくらいの地毛があれば男性もブレイズヘアが可能になります。

男性のブレイズヘアで人気なのは、毛先にビーズやストーンなどのアクセサリーを一緒に編み込んでいくスタイルです。

また男性の場合はエクステを使用するのもしないのも関係なく、真っ黒なスタイルも人気です。

ブレイズヘアは臭い?対策は?

ブレイズヘアを施すとしっかりとシャンプーが出来ないというイメージを持っている方も多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

ブレイズヘアは、根元を編み込んでいるわけではないので、コーンロウやドレッドよりもシャンプーは比較的やりやすいです。

ただ、ゴシゴシと強く洗うと編み込んだ部分が崩れてきやすいので、優しく押し洗うような感覚で洗い、数日に一回は根元を指で押し洗う様にしましょう。

ブレイズ かゆい

シャンプーを行っていてもかゆい場合は、シャンプー剤がしっかりと流せているかと、お風呂の後にしっかり乾かせているかを確認しましょう。

特にお風呂上りにドライヤーをせずに自然乾燥にしてしまうと、頭皮に残った湿気と体温で細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、水分が蒸発する際に必要以上の水分が一緒に蒸発していってしまうので、乾燥が進みさらにかゆみが出てきてしまいます。

ブレイズヘア簡単

ブレイズヘア簡単子供、海、ビーチ、小さな女の子、水、夏、空

本格的なブレイズヘアは美容室でしかできませんが、簡単にブレイズヘア風にすることは可能です。

  1. 髪の毛を作りたいブレイズの本数に合わせて分けとり、小さなヘアゴムで根元を1度くくります。
  2. くくった毛束を3つの束にさらに分けてしっかりと三つ編みを施します。
  3. 毛先まで編み終えたら毛先持ヘアゴムでくくっていきます。
  4. 最後は、毛先が出ないようにヘアゴムで留めます。

1日しか持ちませんがブレイズ風のヘアスタイルを作ることが出来ます。

髪の毛が短いと難易度が高くなっていくので、ショートヘアの場合は少し難しいかもしれません。

ブレイズヘア エクステ

ブレイズヘアに都って必要不可欠なのが、エクステです。

エクステには大きく分けて2種類、人毛でできたタイプと、化学繊維のタイプがあります。

人毛でできたタイプのものは、人工毛のタイプに比べて高単価になりますが、より自然になじみやすいのが特徴です。

人工毛のタイプは色のバリエーションが多かったり、ツヤ感が出せるので、インパクトのあるブレイズヘアーにしたい場合は向いています。

ブレイズヘア美容院

ブレイズヘア美容院女の子、森、ヴィンテージ、古代、郷愁、写真

ブレイズヘアを本格的にキレイにしてもらうには、美容院でやってもらうのが一番です。

施術時間はデザインによりますが、3~4時間程度以上はみておきましょう。

また、特殊な施術の為、出来る美容室と出来ない美容室があります。

大抵は出来る美容室はお店の雰囲気を見れば分かるかと思いますが、分からない場合は事前に問い合わせてみましょう!

施術料金デザインによって大きく変わります。

全頭なら、30,000円くらいから施術することができます。

おおよそですが、施術にかかる時間×10,000円程度が一般的です。

施術中は2人以上の美容師が付きっきりになりますので、必ず事前に予約を入れるようにしましょう!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる