市販ヘアカラー黒に近い自然な色に仕上げたい時の色選び

ヘアカラーに飽きたり、あえてのオシャレで黒染めをする場合に使用する黒染めのカラー剤は、ドラッグストアなどで購入が可能です。

今回は市販で購入が可能な黒染めのヘアカラー剤について、黒に近い自然な色に仕上げたい時の色選びを解説していきます。

目次

黒染め市販は色落ちを考えて

黒染めのカラー剤に含まれている色素は、実は黒一色ではありません。

色素は赤青黄の3色を混ぜて作られているので、褪色が進むと黒染めの部分が緑っぽくなってしまったり、オレンジっぽくなってしまったりすることがあります。

市販で売られている黒染めの場合、青色の染料が濃く入れられていることが多いので、髪のの黄味と混ざって緑っぽくなることが多いです。

このように黒染めを市販品のカラー剤を使用して染める場合は、褪色した時の色味を考慮して、完全に色落ちする前に次のヘアカラーを行うようにしましょう。

黒染めメンズおしゃれ

黒染め メンズ おしゃれ

メンズで黒染めをオシャレな感じで染めたい場合、髪の毛の黄味を抑えながらトーンダウンさせるのがオススメです。

とはいえ、真っ黒にする予定であれば、黄味も出にくいので、いかに自然な黒髪にするかが重要です。

市販の黒染めは染料がかなり濃いので、深く沈みすぎて不自然なほど黒く染まってしまう場合があります。

黒染め 真っ黒 に したい 市販

不自然でもいいからとにかく真っ暗にしたいという方は、青みのある黒染めカラー剤を使用しましょう。

出典:AMAZON

髪の毛の色素の中でも青色が一番深く染まって見えるので、真っ暗を目指すことが出来ます。

髪色 暗くしたい 市販

真っ暗ではなく、自然な髪色で暗くしたい場合は、ナチュラルな髪色戻しを選ぶようにしましょう。

出典:AMAZON

比較的ナチュラルに暗い地毛に近づけることが出来ます。

元々の髪の明るさや髪質によっては深く入ったり、あまり暗くならない場合があるので、裏面の中点などをしっかりと確認してから購入しましょう。

メンズ ヘアカラー 市販 青

メンズに人気のある青系のヘアカラーですが、彩度をある程度出すように染めるにはダブルカラーや薬剤の調整などの技術が必要になってきます。

もしベースの髪色がある程度明るい場合は、市販の青系のカラートリートメントを使用すると彩度が出せるようになります。

アンナドンナ エブリ カラートリートメント <ブルー>

出典:AMAZON

ネイビーブルー 市販 

市販のカラー剤でネイビーブルー系のヘアカラーにしたい場合も、市販品で売られているカラー剤がいくつかあります。

出典:AMAZON

黒髪からでもネイビー感を出せるカラー剤がありますが、髪質によってはキレイに出ないことも多いので、彩度がある程度ほしい場合は市販品では難しいです。

美容院 黒染め 予約の仕方

ここまでは市販品の黒染めで、いかにおしゃれに染めるかを解説してきました。

しかし本当におしゃれに気を遣うなら、プロに相談しならが、プロの技術をで行って貰うのがマストです。

美容室であれば細かい薬剤の調整も可能で、色落ちも自然にすることもできます。

自宅でセルフカラーをして失敗してしまうと、修正にまた時間と費用が掛かる上に、黒染めの深い染料は中々落とせない場合もあります。

後悔する前に一度美容師に相談してみてくださいね!

KYOGOKUサロンでは、来店しなくてもラインで髪の毛の相談をしたりすることも可能です。

お近くのサロンを検索して相談してみてくださいね!

KYOGOKUサロン店舗一覧

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる