50代やってはいけない髪型「若く見せ老けない」

年を重ねていくと、今まで気に入っていたヘアスタイルが似合わなくなってくることがあります。

例えば、白髪が増えてくるのが30代後半から40代にかけて進行が始まり、40~50代になると髪の毛のボリュームやクセなんかも気になってくるタイミングになってきます。

20~30代の頃とは違い、今まで以上に髪の毛には気を付けてお手入れやヘアスタイルを決めていく必要があります。

今回は50代やってしまうと老けて見えたり若作りしすぎてしまう危険性がある髪型や、逆に無理なくキレイに若く見せられる髪型を解説していきます。

50代に多い悩みの解決にもつながるヒントがたくさんありますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね!

目次

50代 やってはいけない髪型

50代 やってはいけない髪型

20代なら可愛く見える髪型でも、50代以降の大人の女性がやってしまうと違和感が生まれてしまう髪型は意外に多くあります。

①ぱっつん前髪

大人の女性がやると、思っている以上に違和感が生まれる場合があります。

②トップがペタンコなヘアスタイル

清潔感に欠けたり、バランスが崩れてしまう

③引きつめたポニーテール

輪郭のカバーが一切できないため

④重いスタイル

野暮ったい印象で、暗く見えてしまう

多くの女性は50代に入ってくると、髪の毛のハリコシが衰え、ツヤ感が出にくくなってしまいます。

髪質の変化があるのに髪型はそのままでは、やはり違和感が生じ始めてくることは仕方ないことでもあります。

まずは50代の髪の毛の悩みで多い、白髪やボリュームの減少、ツヤが失われるという問題の対処を行いましょう。

そして、50代でも似合う髪型を作るために必要なポイントは3つ、

  1. 軽めの前髪
  2. 骨格や髪質に合わせる
  3. トップにボリュームを出す

重めの前髪は、野暮ったく見えると同時に老けて見えてしまいます。

また骨格や髪質に合わせた、作り込み過ぎない自然なヘアスタイルにすることが大切です。

トップにも自然なボリュームを出すことを忘れないようにしましょう。

これらのポイントに気を付けていけば、上品な若見えスタイルを作る事が出来ます!

ウルフボブ 50代やってはいけない髪型

ウルフボブとは表面にはレイヤーを入れてふんわりとしたシルエットに、襟足には軽さを出して動きをつけたスタイルです。

シルエットが狼のように見える事からウルフという名前が付いています。

髪の毛の表面にレイヤー(段)を入れることで、トップに自然なボリュームが出るようになります。

サイドやえりあしの髪の毛には軽さを出し、動きをつけることで躍動感のあるボブにすることが出来ます。

ただ幅広い世代から人気のウルフボブですが、いくつか注意するポイントがります。

前髪を重めに作ってしまったりレイヤーが少ないスタイルにしてしまうと、重さが出て暗いイメージになったり、トップがつぶれて老けた印象になってしまうことがあります。

真っ直ぐ直毛の場合はトップにボリュームを出しにくいので、レイヤーが入った状態で柔らかい印象をだすために、パーマをゆるめにかけるのもおすすめです!

50代 老けない髪型

50代 老けない髪型

50代の方が、ヘアスタイルによって老けて見えてしまう要因はいくつかあります。

髪質に大きく左右されるヘアスタイルは特にその危険性が高いと言えるでしょう。

例えば、サラサラのロングストレートヘアーはとてもきれいなヘアスタイルですが、髪の毛自体のツヤやまっすぐな髪の毛があってこそ成立するヘアスタイルです。

残念なことに、髪の毛の老化が始まるのは何と10代からです。

50代に差し掛かると髪の毛の中の栄養分が減少し、ツヤ感が低下したり、髪の毛の栄養が少なくなったことでクセが出てきてしまう様になります。

さらに言うと、白髪もかなり増えてきている状態でのロングストレートは、根元があらわになりやすいので、根元の白髪が見えてくると一気に老けて見えてしまいます。

50代でロングストレートヘアをしても老けて見えないようにするには、ヘアケア並みならぬ努力をする必要があると言えるでしょう。

50歳 若く見える髪型

50代でも若く見られるヘアスタイルというものには、どんなものがあるのでしょうか?

まずはヘアスタイルというよりも、髪色に注目しましょう。

若い世代ではアッシュなどのくすんだ色味のカラーや、彩度の高いヘアカラーが人気ですが、50代の女性が同じようにしてしまうと顔の血色が悪く見えてしまう可能性があります。

顔色がよく見えて、髪の毛のツヤ感も高めてあげるには、ある程度のブラウンは残したヘアカラーをおすすめします。

髪の毛にツヤや動きを追加するために、ハイライトやバレイヤージュなどの方法でヘアカラーを行うのも非常に有効です。

一見派手なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、色や色相のコントラストを調整することで派手にならずに若く見せることが出来ます。

50歳 若く見える髪型パーマ

50代以降の髪の毛は、とにかくトップの部分を中心にボリュームがでにくくなってきてしまいます。

そこでためしてほしいのがパーマをかけることです。

全体に動きや軽さを簡単に出せるようになりますので、トップにボリュームが出なくなったと感じている方はぜひともチャレンジしていしょう!

50代ヘアスタイルくせ毛

50代以降のくせ毛はどのようにすればよいのでしょうか?

髪の毛のクセは、加齢によって髪の毛の栄養が不足して痩せていておこっている場合と、もともとの髪質がくせ毛であった場合に分かれます。

栄養が不足しているのであれば、髪の毛に栄養が入るトリートメントやシャンプーを使用し続けることである程度改善されていきます。

ただし、元々の髪質がくせ毛の場合、縮毛矯正やストレートパーマを行わなければなかなかクセは取れません。

クセを取る場合はまっすぐに伸ばしすぎずに、自然なストレートになるように意識しましょう。

ピンピンに真っ直ぐにしてしまうと、トップにボリュームが出せなくなたりしてしまい、一気に老け込んでしまう可能性があります。

ショート パーマ くるくる50代

一昔前の50代以降の方は、ショートヘアにくるくるのパーマヘアにしている方も多くおられました。

しかし、いまの50代の女性はライフスタイル自体が非常に若く、実際に見た目のかなり若く見える方が多くなったと感じます。

ヘアスタイルも多様化し、技術も薬剤も進歩してきているので、そのようなヘアスタイルにしなくてもトップにボリュームを出す事が容易になりました。

50代だからとあきらめずに、じぶんのやってみたいヘアスタイルを1度美容師さんに相談してみましょう!

きっと若く見えてきれいなヘアスタイルの提案をしてくれるでしょう!

相談できる美容師さんがいない場合は、京極サロンの公式LINEからメッセージを送ってみましょう!

現役の世界レベルの美容師が相談に乗ってくれますので、お気軽に活用して見て下さいね!

50代 若く見える髪型 面長

50代 若く見える髪型 面長

ここまで散々トップにボリュームを出しましょうとか、前髪をおもめに作らないようにしましょうと解説しましたが、顔が面長さんの場合はトップにボリュームを出し過ぎると、さらに縦に長い印象を与えてしまうことになります。

面長さんの場合は、おでこも出さない方がバランスが整いやすくなります。

こういった場合は横に広がりを出し、縦の印象を打ち消すと同時に、前髪も作りましょう。

前髪はぱっつんではなく、自然に少し横に流れる程度の自然な形でおでこを隠していきましょう。

かっこいい 50代大きい顔に似合う髪型

かっこいい 50代大きい顔に似合う髪型

50代で顔が大きいのをカバーしたいという場合は、正面からだけではなく、横からや後ろから見てもきれいなシルエットが出せるようにしましょう。

シルエットがキレイだと、顔の大きさは気にならないようになっていきます。

ショートボブからミディアムヘアが一番シルエットをキレイに作りやすいのでおすすめです。

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる