カラーを長持ちさせるには?色落ちの原因とおすすめのシャンプー

せっかく時間とお金をかけてしたヘアカラーは、できるだけ長持ちさせたいところです。

黄ばみ対策として紫シャンプーを使用することで、髪色をキープできることを知っている方も多いでしょう。

しかし、カラーの持続に効果的なのはカラーシャンプーだけではありません。

そこで今回は、色落ちの原因からカラーを長持ちさせるシャンプーの選び方までご紹介します。

特別なことをせず、毎日のシャンプーできれいな髪色がキープできたらうれしいですね!

目次

色落ちの原因は?

色落ちの原因は?

カラーの色落ち対策をするには、まずカラーの色落ちの原因を知りましょう。

色落ちの原因は、髪に着色したカラー剤が流れ出ることで起こります。

カラー剤が流れ出てしまう原因は主に以下のとおりです。

  • シャンプーで洗い流される
  • 紫外線などによる変色
  • ドライヤーやコテによる熱

そもそも、ヘアカラーは日々のシャンプーによって少しずつ流れ出てしまいます。

また、ダメージが多い髪ほど髪表面の外壁となるキューティクルが開いてしまうため、流れ出る量は多いです。

さらに、ドライヤーやコテによる熱で色素が破壊され色落ちする場合や、紫外線に長時間当たることで変色することもあります。

シャンプー・トリートメントを適するものに変えたり、髪の紫外線対策を行うなどしましょう!

カラーを長持ちさせるシャンプーの選び方

カラーを長持ちさせるシャンプーの選び方

最近では、カラーの持続に特化したシャンプーや、特化せずとも適しているシャンプーが登場しています。

そこでここでは、カラーを長持ちさせたい方が選ぶべきシャンプーの特徴についてご紹介します。

やさしい洗浄力のシャンプー

まずは、洗浄力が強すぎないシャンプーを選びましょう

理由は、先述したように日々のシャンプーでも色落ちするから!

洗浄力が強いことで、流れ出るカラー剤も多くなります。

また、洗浄力の強いシャンプーは髪や頭皮のダメージの原因にも。

石油系・高級アルコール系の洗浄成分よりも、髪の成分と似ているアミノ酸系シャンプーを選ぶことで、ダメージや色落ちも軽減できるでしょう。

保湿成分・補修成分入りシャンプー

続いて、保湿成分や補修成分入りのシャンプーを選びましょう

ヘアカラー直後の髪はカラー剤が定着しておらず、またダメージも受けています。

そのため、カラー剤が流出しやすい状況です。

カラー剤が流れることで、髪は乾燥するため、シャンプーからも保湿を行い髪内部の状態を良い状態にキープしてあげてください。

保湿成分は主に、セラミドやグリセリン、ヒアルロン酸などです。

また、ヘアカラーによるダメージも一緒に補うことができるので、髪の主成分である「ケラチン」が入ったシャンプーだとより良いでしょう。

ヘマチン入りシャンプー

ヘマチンとは、血液由来の毛髪補修成分です。

ヘマチンが配合されているシャンプーは、髪内部を補修するためカラー剤を定着させる力となってくれます。

「カラーの長持ち=ヘマチン」といっても過言ではない成分です。

カラーシャンプー

紫シャンプーなど色素が入っているシャンプーを使うことで、髪内部のカラー剤が流れ出ても、髪色を補ってくれます。

カラー剤が流れることは阻止できませんが、髪に効果的な色素を入れることで、きれいな髪色を持続することが可能です。

色の原理である「補色」を利用しているため、使う色は髪色に合わせる必要があります。

しかし、1度の使用でも効果が目に見えて分かるため、即効性を求めている方にもおすすめです。

カラーの長持ちにおすすめのKYOGOKUシャンプーはコレ!

最後に、カラーの持続におすすめのKYOGOKUシャンプーを3つご紹介します。

「どれが良いか分からない!」という方は、ぜひ参考にしてください。

KYOGOKU シグネチャーシャンプー

KYOGOKU シグネチャーシャンプー

まず、ご紹介するのは「KYOGOKU シグネチャーシャンプー」(以下、KGシグネチャーシャンプー)です。

「カラーを長持ちさせるシャンプーの選び方」でご紹介した項目4つのなかの3つをクリアしています。

KGシグネチャーシャンプーの一番の特徴は、ヒト由来で安心・安全な「ヒト幹細胞培養液」を配合している点。

ヒト幹細胞は毛髪のサイクルを改善し、健康的な毛髪へと導く効果があります。

年齢とともにはたらきが弱くなる幹細胞を「KGシグネチャーシャンプー」が補充し、頭皮と髪のターンオーバーを促してくれますよ。

また、アミノ酸系と植物由来の洗浄成分を配合することで、低刺激のまま優れた洗浄力を発揮

さらに、乾燥やトラブルをケアする6種類の成分も配合し、保湿効果も◎です。

「ヘマチン」も配合されており、カラーの落ちを防いでくれます。

KYOGOKU ケラチンシャンプー

KYOGOKU ケラチンシャンプー

KYOGOKUには、髪の主成分であるケラチンを配合しているシャンプーも用意されています。

「KYOGOKU ケラチンシャンプー」(KGケラチンシャンプー)はダメージ補修に特化したシャンプーです。

5種類のケラチンを配合して多方面から髪内部の修復を行います。

また、ノンシリコン処方によりコーティングを行わないことで速乾性もアップしました。

ドライヤーの熱によるダメージも最小です。

髪内部とともに、髪表面の外壁であるキューティクルも補修されることで、カラー剤の流れにくい髪に変化するでしょう。

【ケラチン配合シャンプーについて詳しく知りたい方はこちらの記事も!】

KYOGOKU カラーシャンプーシリーズ

カラーシャンプーなら、「KYOGOKU カラーシャンプーシリーズ」(以下、KGカラーシャンプー)がおすすめです。

KGカラーシャンプーには、以下の3種類が用意されています。

  • ピンクパープル(PP)

暖色系・ピンク系のカラーに効果的

  • ブルーパープル(BP)

寒色系・シルバー・ホワイト系のカラーに効果的

  • ブロンド(BL)

ベージュ・ブラウン系のカラーに効果的

どの色も、水は医療分野でも使用されている「パイロジェンフリー超純水」を使用

不要なものを極限まで取り除いた「ミニマリズム処方」で、効果を最大限に引き上げています。

、水は医療分野でも使用されている「パイロジェンフリー超純水」を使用

1日1分〜2分の放置時間で、カラーの持続が実感できるカラーシャンプーです。

放置時間は長いほど色の入りが良くなるため、時間があるときは10分放置してみてもOK!

しかし、放置時間のし過ぎは髪のダメージにつながるため、長くても15分までにしておきましょう。

【KYOGOKU カラーシャンプーについて詳しく知りたい方はこちらの記事も!】

シャンプーを変えてカラーを長持ちさせよう!

今回は、ヘアカラー後の色落ちの原因から、色落ち対策に最適なシャンプーの選び方などをご紹介してきました。

ふつうに生活していても必ず経験するカラーの色落ち。

しかし、髪のダメージを減らし改善することでカラー剤の流出を防げます。

また、お肌だけでなく髪の紫外線対策も忘れないよう、心がけましょう!

KYOGOKU公式通販サイトでは、きれいな髪色を持続させるのに最適なシャンプーが豊富です。

髪や頭皮に求める効果によって、使い分けられると良いですね。

この記事を書いた人
RYUTA TOMONO (友野龍太)
RYUTA TOMONO (友野龍太)

2021年5月より京極琉のオファーを受諾しThe Diamond Kyogokuにディレクターとして移籍。
海外有力誌の表紙や巻頭特集を飾るなど国際的に活躍。
ヘアスタイリスト界のオスカー:NYのThe IBI Award2020で日本人初となるファイナリスト入りを果たし世界3位を受賞。
世界最大の美容の祭典:ロンドンのALTERNATIVE HAIR SHOW2021に於いて次世代のアーティスト20に選出。ヘアショーに出演。
2022年春夏ミラノコレクションで日本の2つのブランドでヘアメイクディレクターを務めた。
ヘアデザインの芸術的認知を目指して東京から世界に発信を続けている。

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる