インナーカラー30代痛いの?ママにもおすすめ!

インナーカラーとは、髪の毛の内側にベースのヘアカラーとは違う色を染めるヘアカラーです。

様々なデザインカラーの中でも特に人気が高いインナーカラーは、幅広い年代の方に支持されています。

ただ、たまにですが「30歳を過ぎてからのインナーカラーは痛いですか?」という質問を頂くことがあります。

今回はそんな質問に対して、回答となる答えを記事にしたいと思います。

先に結論を言っておくと、30代以降の方でもインナーカラーは全く痛くないですし、むしろオススメなくらいです。

目次

インナーカラーは古い?

インナーカラーは古い?

インナーカラー自体、結構前からヘアカラー技法としてはありました。

そのため、中にがインナーカラーはもう古い?という疑問を持つ方もいるようです。

ですが実際は逆で、年々人気が高まっているのがこのインナーカラーです。

インナーカラーは、髪の毛内側に色を入れていくので、見せたくないときに隠すことが出来るという大きなメリットがあります。

そのため全頭を高彩度やハイトーンに染めるには少し抵抗がある方や、学校や会社の規則で髪の毛を明るく染めることが出来ない方でも取り入れることが出来るので、人気がさらに高まっています。

ちょっとしたアクセントとして入れることも出来るので、若い方だけではなく30代以降の主婦層の方や、オフィスシーンでも隠すことが出来る会社員の方からのオーダーが非常に多いです。

そのため、年齢に関係なく安心してチャレンジしてみて下さいね!

インナーカラー 人気色

インナーカラーにチャレンジするとなったとして、どのような色をチョイスすればよいか分からないという相談も良く聞きます。

ヘアスタイルによっては隠すことが出来るので、基本的には自分がやってみたい色を選んでもらって問題ありません。

とはいえ絵どう選んでいいか分からない方も多くいらっしゃると思いますので、人気のカラーをいくつか紹介します。

インナーカラー人気色①ベージュ系

インナーカラー人気色①ベージュ系

まず、初めてインナーカラーをする方におすすめのカラーは、ベージュ系のインナーカラーです。

ブリーチでトーンアップさせた後に、透明感を出すために髪の毛のオレンジっぽさや黄色を打ち消しながら、柔らかい質感のベージュを入れてあげるカラーが特に人気です。

ベージュ系のヘアカラーは肌馴染みが非常によく、どんなテイストのファッションにも合わせやすいのが特徴です。

また、インナーカラーを隠したい場合も、原色カラーを配合していない分、隠しやすいというメリットもあります。

インナーカラー人気色②ピンク

インナーカラー人気色②ピンク

もう一つの人気のカラーは、ピンク系のインナーカラーです。

原色の濃いピンクというよりも、ベージュピンクやグレージュ系のピンクのような、すこしくすませたものや透明感のあるカラーが人気です。

この色も肌馴染みがある程度あって、ベージュ系よりも柔らかさが出るのがおすすめの理由です。

慣れてきたらカラーシャンプーなどで色味を追加したりして楽しむこともできます。

インナーカラーをベージュ系にするか、ピンク系にするかで迷ったら、イエローベースの方はベージュを、ブルーベースの方はピンク系を選んでみましょう。

人が元々持っている色素のパターンを大きく分けるとイエローベース・ブルーベースの2つに分けることが出来ます。

最近よく言われる「イエベ」「ブルべ」というパーソナルカラー診断の事です。

簡単に見分ける方法ですが、瞳の色が茶色っぽい人はイエローベース、黒っぽい人はブルーベースの素養があると言えます。

自分に合ったパーソナルカラーの方を選ぶことで、肌馴染みがよくなりやすいので、インナーカラー初心者の方は安心して染めることが出来そうですね!

インナーカラー セルフは痛くなる可能性

インナーカラーは幅広い世代でも痛く見えないと言いましたが、例外はあります。

それは、ヘアスタイルに合わせたインナーカラーが出来ていない場合です。

塗り分ける技術が必要なヘアカラー全般に言えることですが、カラーを塗り分ける技術と、ヘアカットのデザインは連動しています。

ヘアスタイル、カットラインに合わせて塗り分けることが出来ていないと、カラーのデザインとして非常にダサくなってしまう危険性があります。

そのため、セルフカラーでインナーカラーにチャレンジすることは、非常に高いリスクを追ってしまうと認識しておきましょう。

初めての場合は特に、ブリーチを行う場所などの選定はプロに任せてオシャレなインナーカラーを手に入れるようにしましょう。

30代ママにおすすめのインナーカラー

ここまででインナーカラー世間的にもかなり認知されていて、痛く見えるヘアカラーではないことが分かったと思いますが、それでも最初は少し人の目が気になったりする方もいますよね?

そんなときに試してもらいたいのがイヤリングカラーという方法です。

イヤリングカラーとは、インナーカラーの1種で、耳の上数センチ分だけを塗り分ける、範囲の狭いインナーカラーです。

ちょっとしたアクセント付けに比較的簡単に取り入れられることから、人気が徐々に高まっている、非常にチャレンジしやすいヘアカラーです。

まずはここから始められるかtも非常に多いので、もしインナーカラーを全体に入れる勇気が出ない方は、イヤリングカラーから試してみるのもアリかもしれませんね!

インナーカラー30代痛いまとめ

インナーカラーは入れる場所や範囲、色味の選定によって、幅広い層におすすめできるヘアカラーです。

その選定は一般の方にはかなり難しいので、必ず信頼のできる美容室で行うようにしましょう!

京極サロンでは、お客様に合ったインナーカラーの選定をヘアスタイルや好み、ライフスタイルに合わせて提案させていただいております。

気になった方は、各店舗へお電話を頂くか、公式LINEからお気軽にご相談くださいね!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる