40代インナーカラーはおばさんに見える?痛いの?ポイントを美容師が解説!

インナーカラーとは、髪の毛の内側にベースカラーと異なる再度や明度のヘアカラーを入れていく、今大人気のヘアカラーです。

そんな大人気のインナーカラーですが、良く相談を受けるのが「若作りしすぎかな?」といった、年齢に対しての不安です。

結論から言うと、40代であろうが、50代であろうが全く問題ありません!

なぜなら、インナーカラーは見せたいときに出して、隠したいときは隠せる都合の良いヘアカラーだからです。

基本的には髪の毛の内側にだけ違う色味をいれていくので、時と場合を選んで隠すことができるので、大人の方でも安心してチャレンジができます。

また白髪が気になる方でも染め方次第で、とっても素敵なヘアカラーにすることが出来るので、今回は40代以降の女性でも安心して出来るインナーカラーを紹介していきます!

目次

インナーカラー40代セルフはおばさん

インナーカラーにチャレンジするにあたって、避けてほしいのがセルフでインナーカラーを染めることです。

そもそもインナーカラーは、ブリーチで部分的に髪の毛のトーンアップを行った後、その上からカラー剤で色を乗せていく技術です。

そのため、正確なブロッキングと、ブリーチ作業、カラー剤選定が必要になってきます。

よって、見た目以上に難易度が高いので、失敗してしまう可能性が非常に高いです。

失敗したヘアカラーは簡単には手直しが効かなくなってしまうので、よっぽどの理由がない限りは、サロンでお願いした方が良いでしょう。

もしセルフカラーで失敗してしまった場合は、お直しの金額と時間を無駄にしてしまう事になります。

今流行しているインナーカラーのニュアンスなども、しっかりと入れてあげることで、初めてオシャレなインナーカラーが仕上がります。

そこを無視してチャレンジしてしまうと、かえっておばさん感を強調してしまう場合もあるので要注意です。

若作りに見せない上品なインナーカラーは、信頼のできるサロンでやってもらうようにしましょう!

京極サロン 店舗一覧

インナーカラー40代ミディアム

インナーカラーを入れる場合、一番扱いやすいのがミディアムの長さのヘアスタイルです。

耳にかけてインナーカラーを強調したり、逆に隠す時は髪の毛の外側がある程度長いので、隠したり出したりがかなりやりやすくなります。

中でもオススメなのが、耳の上数センチ分の範囲にインナーカラーを入れる「イヤリングカラー」という染め方です。

インナーカラー40代ミディアム

ワンポイントのアクセントに出来るうえ、隠しやすいというのもありがたいポイントです。

派手になりがちなインナーカラーも、大人の上品なイメージを保ちながらも遊び心も忘れない、こなれ感抜群のヘアカラーへと大変身します!

始めてインナーカラーに挑戦するという方は、まずはイヤリングカラーから挑戦すると良いかもしれませんね!

インナーカラー40代白髪

40代からのインナーカラーで1番皆さんが心配されているのが、白髪が隠せるのかどうかというポイントです。

皆さんもご存じの通り、ブリーチなしでの明るめの全体カラーは、基本的には白髪をカバーすることが出来きません。

しかしインナーカラーは髪の毛の内側、つまり普通に染めても白髪が元々見えにくい場所に染めていきます。

そのため白髪が目立ってしまう髪の毛の外側は、白髪をカバーするためのヘアカラー選定をする事が出来てしまいます。

つまり、ヘアカラーで楽しめる色味の幅が増えるという事になります。

そのため京極サロンでは、白髪をカバーしながらインナーカラーを楽しむお客様が非常にたくさんいらっしゃいます。

インナーカラー隠す白髪染め

白髪をインナーカラーで直接カバーすることはできませんが、インナーカラーと相性の良いヘアカラー技法があります。

それは、バレイヤージュやハイライト、エアタッチなどの塗分け技術で、白髪が目立ちにくく、明るいベースカラーに仕上げることが出来ます。

例えば、エアタッチとバレイヤージュを組み合わせて根元から毛先にかけてのグラデーションと、エアタッチの極細のラインが入り混じった質感で整えてあげると、下の画像のような仕上がりになります。

インナーカラー隠す白髪染め

画像の長さはミディアムくらいありますが、ショートボブくらいの長さでも、ハイライトなどで白髪をカバーすることが出来ます。

それに、グラデーションになっているので、根元が伸びてきても目立ちにくく、ハイライトが白髪をさらに目立たなくさせてくれています。

白髪染めと聞くと、こまめに根元のリタッチカラーをしなければならないイメージがあるかと思いますが、数か月は根元が気になりにくいのがこのカラーの大きなメリットです。

お仕事や家事などでお忙しい主婦の方にも喜ばれる、実はメリットの多いヘアカラーだったりします。

ほかにも、ショートからボブくらいの髪の毛の長さの場合は、下の写真のようなハイライトを入れるのがおすすめです。

インナーカラー隠す白髪染め6パターン

ハイライトの量やラインの太さを調整することで、少しづつ印象を変化させることが可能になります。

「ハイライト=派手」というイメージを持っていた方でも、画像のようなスタイルであれば派手さというよりも上品さを感じますよね?

このようなベースのヘアカラーが整えば、インナーカラーももっと彩度や明度を上げても馴染んでくれるようになり、大人の女性でもに合わせやすくなります!

40代インナーカラーはおばさんにみえるまとめ

40代以降のヘアカラーはどうしても、白髪をカバーしなければいけなかったり、派手な髪色を試せない状況があったりすることが多いのが悩みとして多く寄せられてきていました。

しかし40代以降の大人の女性にこそ、インナーカラーはオススメのヘアカラーです。

白髪をカバーしながら、TPOに合わせて見せたり隠したり出来るヘアカラーで、ワンランク上の上品なヘアカラーを手に入れてくださいね!

京極サロンでは、世界トップレベルのアーティストがアナタに合ったヘアスタイルの提案を、丁寧にさせて頂いております。

様々な理由で諦めていた、あなたの本当の希望を一緒に叶えましょう!

京極サロン 店舗一覧

KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼ 

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる