黒髪インナーカラー初めてなら【コレ】美容師おすすめの方法!

インナーカラーとは、髪の毛の内側にベースカラーとは違う色味や明るさのカラーを塗り分ける、今じわじわと人気が上がっているヘアカラーです!

とはいえ通常のカラーとは違うので、「派手になってしまったらどうしよう」や「似合わなかったらどうしよう」という不安が出てきたりなど、初めてのインナーカラーに挑戦するのってかなり勇気が必要ですよね?

今回は、黒髪に初めてインナーカラーを入れる場合の注意点や、入れ方の提案をさせて頂きます!

今回は黒髪のベースを残したインナーカラーと、初めての方でもチャレンジしやすい全体の色味を変えるインナーカラーなども紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

目次

黒髪インナーカラー初めてならベージュカラー

黒髪や暗めの髪色の方が、最初にインナーカラーを入れるときに一番悩まれるのが「インナーカラーの色味」です。

どんなカラーでも自分が好きな色を入れてしまって問題ないのですが、最初はどうしても不安な部分が大きくなってしまいますよね?

そんな時、初めてのインナーカラーで試してほしいのがベージュ系のインナーカラーです。

黒髪インナーカラー初めてならベージュカラー

ベージュ系の色味であれば肌の色ともなじみが非常に良く、似合わないという心配がありません。

これでまず、似合わないかもしれないという不安は取り除けますよね?

またベージュ系の色味は再現も比較的簡単で、彩度が高くない分、褪色も非常に緩やかなのでメンテナンスが簡単に済みます!

またインナーカラーに慣れてきて違う色味を試したいと思った場合、ベージュ系であればどのような色味にもカラーチェンジしやすいのもうれしいポイントですよね。

カラーシャンプーなどで、自宅でカラーチェンジを楽しむなんてことも可能です。

インナーカラーをしてみたいけど、どんな色が良いか迷っている方は、一旦ベージュ系カラーにしておけば失敗することはないでしょう!

黒髪インナーカラー初めてならイヤリングカラー

黒髪インナーカラー初めてならイヤリングカラー

黒髪からインナーカラーにチャレンジするときに、おすすめなのがイヤリングカラーです。

イヤリングカラーとは、インナーカラーと同じで髪の毛の内側に違う色味を入れていくのですが、入れる場所は耳の上の部分だけという違があります。

耳にかけることでインナーカラーを強調したり、逆に隠したりもできます。

このように時と場合を選んで見せるか隠すかが、手軽に選べるのがイヤリングカラーの特徴です。

ただヘアスタイルによっては隠れにくかったりするので、イヤリングカラーを入れるけれど隠す時もあるという方は、事前に美容師に相談しておきましょう。

色味に関してもコントラストを少し強めたとしても、隠すこともできるので派手に見えにくくチャレンジしやすいですよね。

黒髪インナーカラー初めてならあえてインナーカラーを暗く

黒髪インナーカラー初めてならあえてインナーカラーを暗く

黒髪からインナーカラーにチャレンジするのであれば、せっかくなら黒髪を活かしたいですよね。

イメージを大きく変えたいなら、インナーカラーをあえて黒めのヘアカラーに留めておいて、ベースのカラーを明るくしてしまうという事もできます。

学校や会社の規則などの縛りがなければ、こんなインナーカラーも遊び心があっていいですよね!

画像のスタイルはシルバーホワイトでかなり明度差を出していますが、もう少し落ち着かせても十分なコントラストを出せるので、好みに合わせて調整してもらいましょう。

黒髪インナーカラー初めてでも思い切ってハイトーンに

せっかくインナーカラーを楽しむのであれば、黒髪から脱却してしまって、いっそのことハイトーンカラーに挑戦するのもアリです。

黒髪インナーカラー初めてでも思い切ってハイトーンに

画像のようなボブヘアでのハイトーンは派手に見えすぎず、大人っぽさもキープしてくれます。

逆に金髪っぽさを残してしまうと、上品なイメージになりにくくなってしまうので、黄色っぽくならないカラーを選ぶようにしましょう。

黒髪インナーカラー初めてでも思い切ってハイトーンに

またベースの色味を黒髪で残すなら、インナーカラーをホワイト系にするのもアリです!

思いのほか奇抜にはならずに、可愛さを残して仕上げることが可能です。

黒髪インナーカラー初めてならモノトーン

黒髪インナーカラー初めてならモノトーン

ホワイトカラーを維持するのが大変であれば、シルバーやモノトーン系の色味でもOKです!

学校や会社の規則でNGな場合は難しいですが、インナーカラーを100%楽しみ尽くしたいのであれば、このようなインナーカラーの表現も試してみてほしいスタイルです。

黒髪インナーカラーメッシュ

インナーカラーを、部分的にパネルで入れるような、いわゆるメッシュで入れる場合もあります。

例えば髪を結んだ時の表面に出ないように、生え際から少し離したところにインナーカラーを入れると、髪を結ぶことでインナーカラーを隠すことが出来るようになります。

またインナーカラーを内側全体に入れた時、ヘアスタイリングをしないとキレイに見せることが出来なかったりしますが、メッシュ状に入れることで自然な束感を出すことも出来るようになります。

下の画像のスタイルは、髪の毛の内側にパネル状に何か所かインナーカラーを忍ばせています。

黒髪インナーカラーメッシュ

このようにインナーカラーを忍ばせることによって、自然な動きを出しやすくするほか、髪の毛を結んだ時に隠すこともできます。

髪の毛の長さがミディアム以上あれば、割と自由に好きな色を入れても隠したり見せたり出来るので、チャレンジしやすいというメリットがあります。

黒髪インナーカラー初めてまとめ

黒髪からインナーカラーにチャレンジするのは中々勇気が必要だったり、学校や会社の規則でチャレンジしにくかったりします。

しかし、少し工夫するだけでもそのハードルは下げることが出来ます。

キレイに思い通りのインナーカラーに仕上げるには、的確な判断と技術が必要になってきますので、チャレンジする際は必ず美容室で行うようにしましょう!

京極サロンでは、細やかなカウンセリングと世界トップレベルの技術で、アナタの不安を取り除いたうえで満足のいく仕上がりを提供します。

ぜひとも1度、相談してみてくださいね!

京極サロン店舗一覧

KYOGOKUの公式LINE@をご登録いただくと、プレゼント企画などのお得な情報をお届けします‼ 

少しでも気になった方は、お気軽にご登録くださいね♪ 

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる