中間毛先を塗布するならKYOGOKUヘアカラーブラシがおすすめ!

中間毛先を塗布するならKYOGOKUヘアカラーブラシがおすすめ!

ヘアカラーの塗布はスピードが肝心!

なぜなら、ヘアカラーは塗った瞬間から染まっていくからです。

特にブリーチ後のオンカラーは、塗布スピードが遅いと色ムラの原因になります。

そこで今回は、塗布スピードをアップさせるためのハケを紹介していきます。

結論、ヘアカラーは塗布テクニックと同じくらいハケも重要です。

この記事は以下のような悩みを抱えてる人にぴったりです。

  • ヘアカラーの塗布が遅い
  • 色ムラに仕上がることが多い
  • ヘアカラーのハケを探している
目次

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)の3つのメリット

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)の3つのメリット

ヘアカラーを塗布する際に使うハケは、どのような基準で購入されているでしょうか?

ハサミと違いハケに関しては、基準がない場合が多い気がします。

読者の中には「ヘアカラーのハケはどれも同じでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

これから紹介するKYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)には、他のハケにない特徴があります。

それは以下の3つです。

  • ハケの角が丸い
  • カラー剤をたっぷり塗布できる
  • KYOGOKUヘアカラーカップに引っ掛けれる

1つずつ説明をしていきます。

ヘアカラーの中間〜毛先を塗布!ハケの角が丸いメリット

ヘアカラーの中間〜毛先を塗布!ハケの角が丸いメリット

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)は、他のブラシと違い角が丸く作られています。

一般的なハケは、このように角があるのが普通です。

KYOGOKUヘアカラーブラシ(リタッチ用)と比較してみます。

ヘアカラーの中間〜毛先を塗布!ハケの角が丸いメリット リタッチ用

一方、KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)は角が丸いのが特徴です。

ヘアカラーの中間〜毛先を塗布!ハケの角が丸いメリット 中間毛先用

この部分が丸いと髪の中間〜毛先が塗りやすくなります。

そこがKYOGOKUヘアカラーブラシの中間毛先用と言われているところです。

塗りやすさに関しては、言葉で説明するよりも一度使ってみないとわからない部分が多いと思います。

ハケ選びに迷ってる方は、KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)を体験してみてください。

コーミングの必要なし!一度でたっぷり塗布が可能

コーミングの必要なし!一度でたっぷり塗布が可能

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)のブラシ部分は、少し長めに設定してあります。

ブラシを長くすることで、ヘアカラー剤をたっぷり取れるメリットがあるんです。

そのため、塗布中に何度も薬剤を取る必要もありません。

何度も薬剤を取らず一発で決まるのでヘアカラーの塗布スピードも上がります。

さらに角が丸いことで塗布中にお客様の頭皮への当たりも柔らかくなります。

弾力と厚みのあるブラシが特徴

弾力と厚みのあるブラシが特徴

KYOGOKUヘアカラーブラシのブラシ(中間毛先用)部分は、他のものよりも少し固いです。

ブラシに長さと固さがあるので弾力が生まれます。

実際にKYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)で塗布するとわかりやすいです。

弾力があるおかげでヘアカラー剤を髪にぐっと押し込めてるような感覚になります。

ヘアカラーの塗布でスライスのパネルの中が塗れてなかった経験ありませんか?

パネルの中が塗れてない原因は以下の2つです。

  • スライスの幅が厚い
  • 髪が乾燥していて薬剤を吸い込んでいる

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)は、量もたっぷり取れてブラシ部分に弾力があります。

そのため、ヘアカラー剤をしっかり押し込めるのでそのような失敗の可能性は低いです。

ヘアカラーで塗布ムラが多い人にはおすすめです。

KYOGOKUカラーカップに引っ掛けて生産性が上がる

ーカップに引っ掛けて生産性が上がる
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KYOGOKU 京極 カラーカップ【ゆうパック対応】
価格:930円(税込、送料別) (2022/4/17時点)


KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)はKYOGOKUカラーカップに引っ掛けることができます。

ヘアカラー剤を作り足すなど、少しの間その場を離れるときに役に立ちます。

ハケ自体が宙に浮いたままになるので、カラー剤がワゴンなどに付く心配もありません。

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)を使うなら、一緒にKYOGOKUカラーカップを使うと効率的です。

ヘアカラーブラシの使い分けがヘアカラー上達のポイント

ヘアカラーブラシの使い分けがヘアカラー上達のポイント

KYOGOKUのアイテムには、今回紹介したKYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)の他にも様々なブラシがあります。

  • KYOGOKUローラーヘアカラーブラシ
  • KYOGOKUヘアカラーブラシ(リタッチ用)
  • KYOGOKUバレイヤージュブラシ(ロング)
  • KYOGOKUバレイヤージュブラシ(キング)

それぞれのハケが特徴を持っているので、使用するヘアカラーテクニックに適した活躍をしてくれます。

1つのハケで全てのヘアカラーをされる人も多いですが、私は使い分けることをおすすめします。

最初は私も1つのハケを使用していたんですが、実際に使い分けをしてみて塗布時間などが縮まりました。

特にヘアカラーを得意とされている美容師さんは、ハサミ同様に数種類のハケを使い分けてみてください。

ヘアカラーに絶対的な自信を持つ京極琉本人が、必要だからこそ作ったアイテムです。

これからヘアカラースキルを伸ばしたい人におすすめです。

仕事の効率が一気に上がります。

中間毛先に特化したKYOGOKUヘアカラーブラシだからできる塗布

からできる塗布

今回のテーマ「中間毛先を塗布するならKYOGOKUヘアカラーブラシがおすすめ!」についてまとめていきます。

  • 一般的なハケのブラシ部分より15%長い
  • KYOGOKUヘアカラーカップに引っ掛けれる
  • ハケのブラシ部分が少し固く厚みあることで弾力がある
  • KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)は角が丸い
  • ハケのブラシ部分の角が丸いので頭皮へのあたりがソフト
  • 弾力のあるKYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)は薬剤を髪に浸透させやすい

これまでヘアカラーのハケを使い分けした経験のない人もいると思います。

しかし、カットする際にハサミを使い分けるようにハケも使い分ける時代です。

KYOGOKUヘアカラーブラシ(中間毛先用)を使うことで、少しでもヘアカラースキルが高まれば嬉しいです。

この記事を書いた人
宇井 一八
  • フリーランス美容師
  • ブロガー兼ウェブライター
  • 理容師&美容師のダブルライセンス

福岡でフリーランス美容師として活動中。
ヘアカラー比率が80%以上のカラー推し美容師です。
ヘアカラーを中心とした「カラーの申し子ブログ」を運営。
ブログの月間PVは約5万(2022年現在)

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる