頭皮かゆみのストレスにコラーゲンパウダーで保湿ケア

頭皮のかゆみやフケは、原因により対処が大きく異なります。

今頭皮環境を整えておかないと、将来抜け毛や薄毛の原因にもなります。

頭皮をケアすると、元気な髪の毛が生えてくるだけでなく、顔の皮膚も引き上がり、血行も良くなり肌もキレイになります。

最先端の頭皮ケアをご紹介します。

\ おすすめのコラーゲンブースト+はこちらから購入できます /

目次

頭皮かゆみの3つの原因

頭皮の痒みの原因は大きく3つあります。

  1. 乾燥
  2. 洗浄不十分・皮脂汚れ
  3. 疾患・感染症

頭皮トラブルは、まとめて頭皮湿疹と呼ばれることが多いですが、いろいろな要因があります。

【接触性皮膚炎】

薬剤や金属、シャンプーなど、あアレルギー症状を引き起こし痒みが出てしまいます。

そして蒸れや紫外線に当たっただけでも痒みが出てしまうことがあります。

上記は原因がハッキリするので、何で痒みが出たのかをしっかり把握し、痒みが出ないように対処しましょう。

【主な頭皮湿疹の原因】

  • 乾燥
  • カラー剤やパーマ液等の薬剤によるかぶれ
  • 頭皮の汗かぶれ
  • 過労や寝不足、ストレス
  • 皮脂の過剰分泌
  • 皮脂欠乏性皮膚炎

疾患や感染症の場合は病院での治療が1番ですが、まずは自分がどんな症状で、原因は何に当てはまるのかを明確にしておきましょう。

頭皮のかゆみやフケは放っておいていいことは何もありません。

今改善すればすぐに治る症状でも、放っていて痒みから炎症に進行してしまったり、痒み範囲が広がってしまうと完治にも時間がかかってしまいます。

何より炎症によるフケでも、「フケ」自体が不潔な印象を与えてしまうので、すぐにでも対処する必要があります。

乾燥

頭皮は一番日焼けをしやすい部分です。

紫外線を浴びた後、髪の毛のケアができる商品は沢山ありますが、頭皮用のケア商品はまだまだ少ないですよね。

かゆみの原因が乾燥だけの場合は、頭皮の保湿ケアをすると改善されます。

保湿方法もこの後ご紹介しますね。

冷房や暖房の時期は特に頭皮は乾燥しやすく、乾燥するとかゆみが生じ頭皮の表面は剥がれやすくなっているので「乾性フケ」が出やすくなってしまいます。

この乾燥による痒みの原因は・・・

  • 日焼け
  • 使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎる
  • もともと乾燥肌
  • ドライヤーの使用方法が間違っている

(地肌に直接長時間当ててしまわないように気を付けてください。)

頭皮は顔と繋がっている大事な皮膚ですが、十分に保湿ケアが出来ている人は少ないです。

年々温暖化で日差しが強くなり冷房に当たる時間も増えているため、頭皮のかゆみで悩んでいる方が増えています。

洗浄不足や乾燥は、シャンプー選びがとても重要です。

シャンプーをするときは、泡立ちがいい方が洗った気になりますよね。

ですが市販のシャンプーは、泡立ちをよくするために洗浄成分が強いものが多いです。

フケが出ているからと言って頭皮を洗いすぎてしまったり、シャンプーの量を増やしてしまうと、乾燥を促進し悪循環になってしまいます。

なので、シャンプー選びがすごく大切になります。

乾燥

このシャンプーは、美容液成分がしっかりと入っていて、低刺激です。

さらにヒト幹細胞培養液で補修に優れているので、肌がデリケートな人に是非試していただきたいです!

皮脂

脂肪分の多い食事が中心だと、皮脂の分泌も多く菌(マラセチア菌)が繁殖しやすい状態になります。

※マサレチア菌(カビ菌の一種)

さらに洗浄不足により毛穴に皮脂が残り、毛穴の詰まりから菌が増殖し、激しいかゆみを引き起こします。

マサレチア菌を分解する際にフケが生じかゆみが出てしまうので、寝てる間に無意識にかいてしまい、朝起きたらカサブタが出来ていると悩んでいる人も多いようです。

枕に大量のフケが落ちているなんてこともありますよね。

【注意点】

  • 髪の毛や頭皮が濡れた状態で寝ている
  • 食生活が偏っている(油脂の多い食材が多い)
  • 生活リズムが不規則(睡眠不足やストレス)
  • しっかり洗浄ができていない
  • または洗いすぎてしまっている

皮脂の過剰分泌が原因の場合は、頭皮の洗浄をしっかり行うことと、食事も脂質や油分の多い食事は控えることが改善方法です。

ただ、頭皮がオイリーに感じるからと言って洗いすぎてしまうと、必要な油分まで洗い流してしまい、過剰に油分を分泌しようとします。

※痒みがひどく血が出るほどの症状の場合は皮膚科を受診してください。

皮脂の過剰分泌により痒みやが酷く、痒みが酷い場合は「脂漏性皮膚炎」や「頭皮湿疹」などの炎症を引き起こしている状態です。

脂漏性皮膚炎などの炎症に関しては次の項目で詳しくお伝えします。

頭皮環境を整えるためには、しっかり汚れは落とし、そのあとの保湿が必要です。

皮脂

この商品は頭皮トラブルでストレスを抱えてる方にぜひ使ってみてほしい商品です。

疾患・感染症

【疾患や感染症になってしまう原因】

  • 湿疹(ストレス)
  • 炎症(頭皮湿疹、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎など)
  • こり(リンパの詰まり)

頭皮のかゆみはストレスが溜まってしまった時にも出やすいですよね。

人はストレスを受けると血行が悪くなるため、毛細血管の多い頭皮は痒みを感じやすいです。

その時に頭皮に傷をつけてしまうと、傷口から菌が繁殖して皮膚炎に進行する場合があります。

アトピーやアレルギー、皮膚炎の場合は、頭皮に直接使用したシャンプーの成分が原因の場合があるため

疾患や感染症等による炎症が原因の場合は、耐え難いかゆみの場合が多く、自己判断での改善が難しいため、皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科へ行くと、ステロイド系の塗り薬を処方されると思います。

ただステロイド系のお薬は注意も必要で、一定期間(お医者さんの指示通り)で効果がない場合は再度皮膚科を受診してください。

ステロイドは長期間使用を続けてしまうと、その部分の免疫力が下がってしまい、薬を辞めた途端にまた菌が増殖し痒みが再発することもあります。

ここまで酷くなり、激しい痒みにストレスを感じる前に、自宅でできるケアがあります。

コラーゲンパウダーの保湿効果

コラーゲンパウダーの保湿効果

このコラーゲンブーストはコラーゲン100%です。

微粒子パウダーなので浸透力に優れています。

メチオニンというアレルギー症状緩和成分と、スレオニンという潤いを保つ成分が入っているので

頭皮のケアに特化したこのコラーゲンブーストは、パウダータイプなので、頭皮に直接ふりかけて揉み込んだり、シャンプーに混ぜて使用することもできます。

コラーゲンパウダーの保湿効果 コーティング

頭皮の保湿、保護ができるので、乾燥からくる頭皮トラブルが軽減できます。

今頭皮ケアができる商品としてリピーターが増えています。

使用方法は、シャンプー後に1袋を直接頭皮に揉み込むか、シャンプーに混ぜて使用します。

この時少し頭皮マッサージをすると更に効果が上がります!

頭皮 かゆみ でこぼこにも

頭皮かゆくでこぼこしている人は、そのでこぼこを押したときや触った時に痛みがあるかを確認してください。

痛みがある場合は、毛穴や傷口から菌が頭皮に侵入し、炎症を起こしている場合があります。

頭皮ににきび(吹き出物)ができることもあるので、その場合は皮膚科で抗生剤やステロイドなどの薬を処方されることがあります。

そして押しても痛くない場合、頭や首周りのこりのせいで血行が悪くなりリンパが詰まってしまっている可能性があります。

頭皮がぶよぶよしている場合は血行が悪くなりむくんでいる場合が多いので、頭皮マッサージをしてリンパを流してあげましょう。

頭皮の匂いが気になる女性にも

頭皮の臭いは今男性女性問わずに多い悩みです。

臭いの主な原因は皮脂の詰まりです。

頭皮には常在菌という菌が存在し、皮脂を脂肪酸に分解する際にあの嫌な臭いが発生します。

【改善方法】

  • シャンプー前はしっかり予洗いをする
  • シャンプーはしっかり泡立ててから優しく洗う
  • コンディショナーやトリートメントは頭皮にはつかないようにし、しっかり洗い流す
  • 洗髪後はしっかり乾かす(生乾きや濡れたまま寝ると菌が繁殖します)
  • 脂っこい食事は控える
  • 生活リズムを整え、睡眠の質を上げる
  • ストレスをためない

ストレスを感じると人の血管は収縮し、血行が悪くなり睡眠の質も悪くなります。

上記を実践するだけで、嫌な臭いは軽減されるので、痒みで辛い人は意識してみてください。

風呂上がりに頭が臭い

毎日シャンプーをしているのに、ドライヤーをしている時点で頭皮の臭いが気になる。

そんな相談を受けることがあります。

皆さん、シャンプーを変えたり、枕のシーツを頻繁に変えたりと対策はしていますが、私は頭皮マッサージをおすすめしています。

頭皮が凝り固まり血行が悪くなると、代謝も悪くなります。

代謝が悪くなると老廃物も外部に出にくくなるので、頭皮マッサージをおすすめしています。

風呂上がりに頭が臭い

今はお風呂場でも使える頭皮のマッサージ器もお手頃価格で販売されています。

シャンプーのまえに、ぬるま湯で流しながらマッサージ器でマッサージをします。

マッサージをすることで、血行が良くなり毛穴が開き、この段階を予洗いと言っています。

予洗いで頭皮のほこりや汚れは70%落ちます。

ただ毛穴が詰まった状態だと、奥の方まで洗いきれませんよね。

洗顔をしても小穴の毛穴汚れまで取れないのと同じです。

頭皮は鼻に比べ毛穴の量も皮脂の分泌量も違うため、蓄積されると臭います。

シャンプーを変えるだけでなく、代謝(ターンオーバー)をあげてあげることも解決策の1つです。

マッサージ器でなくても、クシや指で刺激するだけでも効果があるので、是非試してみてください。

シャンプーを長時間、または多めの量を使用することで汚れと一緒に必要な油分まで流してしまい、乾燥すると足りない分を補おうと過剰に油分を分泌してしまいます。

なので、頭皮も保湿がすごく大事になります。

頭皮かゆみまとめ

頭皮トラブル(かゆみやフケ、湿疹など)がある場合は、まず原因を把握する。

痒みがひどく、頭皮に傷が出来てしまう場合は皮膚科の受診をおすすめします。

【主な頭皮のかゆみの原因】

  • 乾燥(紫外線、ドライヤー、冷暖房など保湿が不十分)
  • 皮脂汚れ(洗浄不足、洗い残しなど)
  • 疾患・感染症(皮脂の過剰分泌による菌の繁殖、アトピー性皮膚炎、アレルギーなど)

【改善方法】

  • 頭皮の血行を良くし、しっかり洗浄する
  • 保湿ケアをする
  • 掻きむしるほどの症状の場合は皮膚科を受診

頭皮トラブルは、年々増加傾向です。

ですが、頭皮ケアに特化した商品は本当に少なく感じます。

医薬品ではなく、頭皮の保湿やトラブル防止として使ってみてほしいのが「KYOGOKU コラーゲンブースト+」です。

頭皮かゆみまとめ

頭皮をケアすることで、痒みやフケの悩みが解消するだけでなく、頭皮が引き締まると顔の皮膚も持ち上がるので、シワやたるみの改善にも繋がります。

さらに、血行が良くなり代謝が上がるので、ターンオーバーが正常になり肌もキレイになります。

1度試してみるだけでも乾燥が和らぐ実感はできるので、是非試してほしいです。

この「コラーゲンブースト+」や、髪の毛の補修に特化した「ケラチンブースト+」などが無料で試せる案内が届くLineができました。

是非登録して、お得な情報や最新のヘアケア情報をチェックしてください!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる