1人美容室開業資金はどのくらい必要?よくある失敗

美容師としてある程度経験を積んだら、自分のお店を出したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

とは言え、開業に当たって必要な資金はどれくらい必要なのかなど、不安なことも多く出てきますよね。

今回は、1人で美容室をオープンするのに必要な様々な資金を解説していきます。

また、1人美容室を運営するにあたって、よくある失敗のれいなども 挙げて解決策を考えていきましょう!

目次

1人美容室 経費

1人で美容室をオープンするのは、スタッフを雇ったりし無い分規模小さくても大丈夫なので、比較的低コストで開業が可能です。

とは言え、美容室のオープンには様々な経費が掛かってきます。

まずは物件の契約に必要な経費を見ていきましょう。

不動産契約に必要な費用は、物件よって保証金や家賃の金額が変わってきます。

また、地域によっても契約の内容が異なってきます。

テナント物件の場合は保証金として家賃の半年~10ヶ月前後の金額が必要です。

さらに仲介業者への手数料も1か月分程度の家賃が必要です。

そして、内外装の施工費用も用意する必要があります。

どれくらいこだわったりするかにもよりますが、店舗の規模が10坪の場合で300~400万円程度が相場のようです。

取り扱う不動産業者への仲介手数料として、家賃の1ヶ月分位の費用も必要になります。(床、壁、什器・備品を含む)

あとはシャンプー台やセット面、セットいすなどの設営機材の費用です。

シャンプー台も最新のハイスペックなものだと1台で100万円以上するものもあります。

設置台数や種類によっても大きく変動しますが、200万円程度は掛かると思っておきましょう。

あとはカラー剤やパーマ剤、店販商品のなどの仕入れ費用も必要です。

元々美容室だった店舗の居抜き物件で、用意する機材が減れば、開業費用を節約することも可能です。

とてもざっくりにはなりますが、美容室の開業には500~1000万円程度が必要であると考えておきましょう。

1人美容室 家賃

1人美容室 家賃

開業時に半年から10か月分程度の補償金が必要になる家賃ですが、1か月分はどれ蔵院までに抑えるべきなのでしょうか?

大型店舗や物件の契約が特殊な場合を除いて、相場は売上の10%以内程度が理想です。

開業前に、売上を推測することは中々難しいですが、負担が増えすぎないように考えて物件選びを行いましょう。

一人美容室 失敗

一人美容室 失敗

続いては、一人美容室を経営するときに良くある失敗を見ていきましょう。

ランニングコストから客単価を考える

まず初めに良くある失敗は、客単価の設定です。

「何となくこの金額が欲しい」

「前まで働いていた美容室と同じ金額にしよう」

このような理由で客単価を決めてしまうと、大変危険です。

カット料金やカラー料金などの客単価の設定は、必ず理由をもって行うようにしましょう。

例えば、平均でカットカラーを1日に4人こなす美容室を運営するとしましょう。

週休1日程度で月に25日働いた場合、月に100人のカットカラーを行えるとします。

その場合、カットカラーで1万円であれば月の売り上げは100万円です。

家賃が10万円以下であれば、先ほどの家賃相場が10%というラインをクリアしています。

このように月々のランニングコストから客単価を計算する必要があります。

また、ランニングコストだけ見てもいけません。

近隣の似た客層をターゲットにしている美容室の客単価もリサーチして、価格を下げるのか、他にはない価値を付けるのかを考えていきましょう。

広告費を考えていない

広告費を考えていない

美容師の集客ツールとしてSNSが注目され、多くの美容師がインスタをはじめとするSNSを利用しています。

これによって新たな集客方法が増えて、良いこともありましたが、その反面広告費は掛からないという認識の美容師さんが増えてきたのも事実ではないでしょうか?

自身のSNSフォロワーがたとえ数万人いたとしても、お店に通える範囲に済んでいるフォロワーの数はもっと少なくなると思います。

さらに、新規顧客を集客するにはSNSの投稿だけでは不十分な場合が多いです。

ホットペッパーに掲載する費用や、チラシの印刷と配布の費用など、思っているよりも大きな費用が掛かってきます。

この広告費を毎月のランニングコストに組み込んでいないと、予想以上の出費が発生したり、集客がままならない可能性が大いにあります。

ロードサイド

例えば出店地をかんがえるにしても、地方と都心部では戦略が異なります。

地方での出店の場合、車での移動が主流となるため、ロードサイドでの出店を考えると思います。

ただ、ロードサイドであればいいかというと、物件の周辺などをしっかりとチェックする必要があります。

例えば

  • 店舗の前の道路は地元民が良く使う道路なのかどうか?
  • 中央分離帯があって駐車しづらくないか?
  • 街路樹で店舗が見えにくくないか?
  • 少し離れた場所からも見えるか?

こういった条件をしっかりと確認しておかないと、せっかくのロードサイド出店のいみが薄れてしまいます。

美容師 売り上げ 100万 給料

1人で美容室を開業する場合、スタッフへの給料支払いがないので、個人事業主の場合は利益=給料です。

では先ほど計算した1日4人で単価1万円の場合、月の売上は100万円です。

家賃が10万円、材料費が10万円、水道光熱費やその他雑費5万円としましょう。

ホットペッパーなどの広告費に15万円、開業費1000万円の返済に月15万円とした場合、かかる経費は55万円で、粗利は45万円です。

各経費はかなりざっくりと例を出していますが、細かく経費の調整を行わなければ、雇われ美容師時代とあまり変わらないかそれ以下の収入になってしまう可能性かあります。

毎日4人のカットカラーがこなせれば良いですが、開業してすぐは常連客もまだいない状態で、赤字になる月も当然発生する可能性があります。

1人でやってる美容室 東京・大阪

1人でやってる美容室 東京・大阪

東京の場合、ランニングコストが高くなりやすく、客単価の設定が非常に難しくなります。

特に高くなるのが、広告費です。

競合店舗が多ければ多いほど、ホットペッパーの掲載上位に上がる為などに経費が掛かってきます。

KYOGOKUサロンの場合、無料で集客や求人活動が出来るプラットフォームを用意しています。

希望サロンがあれば、掲載が可能ですので、公式ラインからご相談くださいね!

1人美容室開業資金まとめ

1人で美容室を開業するメリットは、少ない費用で開業できるというところです。

しかし、様々な情報や、横のつながりも必要な特殊な業界でもあります。

KYOGOKUサロングループは、求人・集客・商材など様々な部分で協力することが可能です。

1人で悩まずに、一緒に美容業界を盛り上げていきましょう!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる