美容師が厳選「本当に良いシャンプー」ランキング!

ヘアケアを行う上で、最も大事な方法の1つがシャンプー選びです。

シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを落とす事はもちろん、様々な栄養が入っていたり、洗浄成分の種類も多岐に渡ります。

今回は、そんな大切だけど選ぶことが難しいシャンプーの選び方を、ドラッグストアなどでも購入できる市販品の中からランキング形式で解説していきます。

目次

美容師が認める市販シャンプー

美容師が認める市販シャンプー

まずランキングを発表していく前に、美容師はどんな視点で、シャンプーを選ぶのか先に解説していきます。

いくつかポイントはありますが、1番大切なのはどんな界面活性剤という洗浄成分の種類が入っているかです。

肌質や頭皮環境、髪の毛の悩みによって、選ぶべきシャンプーは当然変わってきます。

そのためランキング形式で発表しますが、向いている方向いていない方も含めて解説するので参考にしてみてください。

本当に良いシャンプーランキング 市販

第1位himawari ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)

出典:クラシエ

第一位はHIMAWARIディアボーテオイルインシャンプーです。

タウリン系やアミノ酸系の洗浄成分を使用しており、肌に優しいのが特徴的なシャンプーに仕上がっています。

また、オイル成分を配合しているので、髪の毛にツヤを与えながらダメージをカバーしてくれます。

個人的に、洗いあがりの質感はサロン専売品のシャンプーにも引けを取らない程だと感じました!

  • 普通肌 / 乾燥肌 / 敏感肌向け
  • ツヤのある仕上がりに
  • 肌への負担が少ない

第2位ラックス プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア シャンプー

出典:ラックス

第二位はラックス プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア シャンプーです。

ローズヒップやアルガンオイルなどの保湿成分を多く配合されており、ダメージケアを目的として作られたシャンプーとなっています。

アミノ酸系と高級アルコール系の洗浄成分、両方が配合されています。

ある程度の洗浄力を持っているので、皮脂の多いタイプの方や、スタイリング剤を良く使用するというような方でも問題なく使用する事が出来ます。

ダメージケア成分と、しっかりした洗浄力の両方を兼ねそろえているので、家族でシェアするシャンプーとしてオススメです!

  • オイリー肌 / 普通肌向け
  • ノンシリコンシャンプー、パラベンフリー、着色料無添加
  • 髪のボリュームアップに

第3位いち髪 ナチュラルケアセレクト モイストシャンプー

出典:クラシエ

第三位はいち髪 ナチュラルケアセレクト モイストシャンプーです。

「ラウラミドプロプルベタイン」や「ラウロイルメチルアラニンNa」など、アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーで、洗浄成分だけ見るとサロン専売品と同等クラスと言えます。

また、和漢エキスや椿種子エキス、米ヌカエキスなどが配合されており、敏感肌の方向けの処方となっています。

頭皮が乾燥しがちな方や、敏感肌の方でも使用しやすいシャンプーだと感じました。

  • 乾燥肌 / 普通肌向け
  • マイルドながら洗い心地良い仕上がり
  • ノンシリコンシャンプー

第4位ジュレーム リラックス シャンプー(ソフト&モイスト)

出典:ジュレーム

第四位はジュレーム リラックス シャンプー(ソフト&モイスト)です。

洗浄成分はアミノ酸系を採用しており、マイルドな洗いあがりとなっています。

こちらも2種類のオイル成分が配合された、オイルシャンプーです。

しっとり仕上がるので、軟毛の方には少し不向きですが、髪の毛が硬い方や広がりやすい方にはとてもオススメのシャンプーです!

  • 乾燥肌 / 普通肌 / オイリー肌向け
  • しんなりと柔らかく仕上げる
  • 乾燥し広がる髪を抑える

第5位ビオリス ボタニカルシャンプー(エクストラダメージリペア)

出典:ビオリス

第五位はビオリス ボタニカルシャンプー(エクストラダメージリペア)です。

オーガニックの認証を得ているホホバ抽出オイルや、アルガンオイルなどの保湿成分がたっぷりと入ったシャンプーです。

洗浄成分はアミノ酸系とベタイン系を組み合わせた、マイルドな洗いあがりになっています。

頭皮環境にトラブルがある方などでも、比較的安心して使用できる処方となっています。

  • 乾燥肌 / 敏感肌 / 普通肌向け
  • 頭皮の乾燥を防ぐ
  • ボタニカルシャンプー

本当に良いサロンシャンプー

ここまでは、市販品の中からオススメのシャンプーを紹介してきました。

では、サロンシャンプーとの違いはどういったところにあるのでしょうか?

少し前までは洗浄成分で、市販品とサロンシャンプーの差があったのですが、今では市販品でもかなり上質な成分を使用するようになってきました。

特に250ml程度で1000円~1500円くらいの価格帯の市販品になってくると、洗浄成分だけでは差が付きません。

近年の話しで言うと、市販のシャンプーとサロンシャンプーの違いは、ヘアケア成分の差が大きいと言えます。

本当に良いサロンシャンプーを選ぶには、自分に合ったヘアケア成分が配合されているシャンプーを選ぶ必要があります。

サロンクオリティとは

サロンクオリティーとは様々な解釈がありますが、1番のポイントは「美容師が髪の毛の状態をチェックして、1人1人に合ったものを選んでくれる」というところだと思います。

一般の方では、自分の肌質や頭皮の状態、髪の毛の状態を判断することは非常に難しいです。

京極サロンでは、公式ラインで簡単にメッセージで髪の毛の様々な相談を行う事が出来ます。

シャンプー選びももちろん、なんでもお気軽にご相談下さいね!

京極サロン公式LINE
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる